中折れハットの特徴として挙げられるのが、正面から見て緩くM字型に見えるシルエットが特徴です。幅広いデザインのものが普及しており、カジュアルからフォーマルまで多くの場面で活躍できるのが魅力になります。今では多くの種類があってより取り見取りで、かえって選ぶ事に困るかもしれません。そういった場合にも、色が白い中折れハットを一つ持っておけば、服のバリエーションに合わせておしゃれにコーディネートできます。おしゃれ以外にも、日焼けにも役立つのも良い所です。紐付きのものであれば、手荷物にならず首にかけたり鞄にかけたりすればそれすらコーティネートの一環に映ります。服の組み合わせが億劫な時にも、この種類の帽子をモノトーン系に合わせると一気に華やぐのが便利な点です。便利な中折れハットは、アイテムの一つとして一つ確保しておく事をお勧めします。

自分に合った中折れハットを選ぶには

中折れハットを選ぶ時に最も重要視すべきなのが、自分のフェイスラインと頭の輪郭に合ったものを探すべきだという事です。自分の顔形を鏡で確認し、どんな印象にしたいのかを考えながら選ぶと選びやすいです。例えば面長な人が中折れハットを買おうと思い立った場合は、浅く被れるタイプの柔らかいラインのものを選ぶと印象をソフトに出来ます。デザインそのものにも気を配りたいところですが、出来れば頭の形に合ったものを選んだ方が良いです。帽子を選ぶ時の全般的なコツは深く被れる事ですが、中折れハットの場合はそれに加えて頭部のM字ラインが崩れないように注意して下さい。元から持っている服装に中折れハットを合わせたい場合は、服の色や柄を把握してから選ぶとスムーズに自分に合ったものが見つかります。

おしゃれな中折れハットの上手な利用法

ファッションの中に中折れハットを取り入れたい際には、帽子そのものの特性にも注目すべきです。色々な種類の帽子を所有して利用するのも楽しいですが、それだと保管する場所がかさばってしまいます。あらかじめ素材が加工しやすいものを選んでおくと、服のコーティネートに合わせて融通が利いて便利です。ピンを留めやすいものだと、幾つかのハットピンを付け替えるだけで印象がガラリと変わります。ピンが無い場合は、リボンや紐を利用するのも一つの手です。自分だけのオリジナリティに拘りたい人は、手芸センターや雑貨店などで売っている大粒から小粒のビーズやボタンを組み合わせると、世界で自分だけの中折れハットを手に入れられます。カジュアルな場面で利用する際には、帽子を被る角度をあえてずらして被ると、一風変わった演出になります。

スタイリスト様・制作関係者の方々へ帽子を無料で提供しております。 当社は1万人を超えるお客様からご支持を頂いておりお客様の生の声をご紹介させて頂いております。 ご購入の金額によっては商品の送料が無料となります。 試着と店舗販売のサービスも開始致しましたので実際に帽子を手に取り、見て感じて頂くことが可能となっております。 中折れハットをお探しの方へおすすめの通販サイトを紹介です